旅行

世界のスポーツイベントを観て回りたい【医師のメモ帳】

みなさん、こんにちは!

今これを書いている期間、世界卓球選手権2018がスウェーデンで行われています。

実は、僕の夢は、いろいろなスポーツのイベントを観て回ることなんです!
しかも世界規模で!!

趣味はスポーツという人は多いけど

僕の場合、好きなスポーツの対象が広いんです。

・野球
・サッカー
・ゴルフ
・テニス
・卓球
・F1

このあたりの競技は大好物です(笑)

そのほか、

・バスケットボール
・水泳
・陸上

も、出来ることなら観たいですし、オリンピック競技はそれぞれ楽しそうです。
カーリングなんかも。。

年中、世界を飛び回らなければならない

これらの競技の数ある大会の中でも、世界選手権や4大大会、ワールドシリーズなんてレベルを観るだけでも、世界中を1年中飛び回らないといけませんね。

例えば、テニス。
1月に全豪オープンがオーストラリア、メルボルンのメルボルンパークで。
5月に全仏オープンがフランス、パリのローランギャロスで。
6月に全英オープンがイギリス、ロンドンのウィンブルドンで。
9月に全米オープンがアメリカ、ニューヨークのフラッシング・メドウで。

ああ、、毎月のように海外に出かけていかなくては!!

いま現在の、僕のフリーランス医師の立場でも、なかなかこれだけの海外旅行の時間や資金を確保するのは大変です。
何かいい方法はないものでしょうか・・・。

妄想含め、計画を立ててみる(笑)

毎月、1週間の休職は必須です。
だいたい、スポーツの大会は1週間程度開催期間があります。
サッカーや野球は毎日とか、1日に何試合も!とはいかないスポーツですし。

全部を観戦できなくても、移動時間を含めて1週間の休みは確保したいところです。

費用はどれくらいかかるのか?

あまり格安航空券とか好みじゃないけど(笑)、背に腹はかえられない。。
数万円から十数万円程度の旅券で移動!

宿泊費、観戦チケット代金、おみやげ代で数万円から数十万円かな?

というのは、たとえばウィンブルドン決勝のセンターコートのチケット代なんて100万円オーダーもあるみたい。

ということは、、
毎月最高100万円ぐらいかかることもあると、覚悟が必要なのかも。。

仕事を休むと収入も減ってしまう

出費がかさむだけでなく、仕事に行けないわけだから、1週間分の収入が無くなります。

週に4日病院で働いていた場合、単純計算で・・・

1日 10万円×4日分=40万円 の減収になります。

先ほどの出費と合わせて、150万円ぐらいの損失!?(お金だけの価値でいえば)
なかなか、痛い!! ←あたりまえ(笑)

何らかのコスト対策が必要

病院で働けないことに伴う減収をカバーする必要があります。

そこで期待したいのが、今流行の「パソコン一つあれば、世界のどこででも仕事ができます」系のビジネス!!(笑)

ビジネスに限らず、投資系もありますね。
株、FX、仮想通貨などなど。

まあ、この辺の話は、長くなるので別のページでまた書いてみることにします。(^ー^;)

とにかく、いつかこの夢を実現させてみたいですね。