日常

フリーランス医師のGWの過ごし方【医師のメモ帳】

こんにちは!
いま、ゴールデンウィークの真っ只中です。

フリーランスになったので、祭日でも病院の当番出勤はありません。
自分で仕事量を調整できるのが、フリーランサーのいいところ(笑)。

フリーランス医師のGWの過ごし方

まずひとつめは、休む!
とにかく自由なので、カレンダー通りにお休みにするのが最高です。

ちなみに今年の僕は、ほとんど予定を入れずに、遅くまで寝て、起きたら犬の散歩に行き、ご飯を食べ、テレビを観ながらうたた寝、また食べる。。。みたいな。(^д^;)

フリー!自由っていいですね。

もちろん、僕の場合はある程度の仕事をやってきてからのセミリタイアみたいなものなので、さしあたり生活できている状態なのは前提です。

まだ医師になりたてで、いきなりのフリーランサーは普段の収入がまだ心配だと思いますので、ちょっと意味が違うかもしれません。(^ー^;)

GW働いて臨時収入にする方法も

祝日、連休なので、臨時で当番のお仕事を入れるという手もあります。

誰でも休みたい、いや休みも必要ですので、その代行でスポット仕事をするのも収入的には良いでしょう。

大まかな、医師のアルバイト収入については、別ページでもご紹介した通りです(参照)。

GWが6日間あるとして、せめて半分の3日間働くと、

収入が、30万円ぐらいは違ってくるでしょう。

日勤と夜間当直、あるいは救急当番と寝当直、などで勤務のキツさや金額の幅は結構出てきますが。

健康第一!お休みも大事

お金は誰にとっても、医師にとっても大切ですが、体が資本ですから、休めるときには休みたいものです。

そのためにも、普段はしっかり働くしかないですね。。(^ー^;)